犯罪更生保護団体 ルミナ代表 中江美則氏 講話見学

日時:2019年3月8日(金)午前9時30分~
場所:京都刑務所
講師:犯罪更生保護団体 ルミナ 代表 中江 美則氏
演題:《深まる苦しみ ひろがる傷口》

昨年、左京区保護司会北部地区の社会を明るくする運動ミニ集会でも講演いただいた中江氏が、この度初めて刑務所にて講話をされるということで、保護司として受刑者の方々の後ろに座り講話を聞かせていただきながら講話開催の様子を見学させていただきました。(中江氏についてはホームページ内「北部地区」にも載っています)

この日、講話に参加した受刑者は858人。静かな会場では中江氏の亀岡での交通事件で亡くなった娘さんとそのお腹の中にいたお孫さんへの思いと悲しみが語られました。時々声を詰まらせ、話が止まりそうになりながらも、その事件の犯罪は決して許されることではないと声が大きくなる場面もありました。これまでは犯罪を憎むということを前面に出して講演されてきましたが、今回は「犯罪更生保護団体」としての話しも含まれていて、目の前の受刑者の方々に何度も犯罪が憎いからこそ絶対に繰り返してほしくないと話されました。

マスコミも取材にこられていて、その日の出来事として夕刻に一部放映がありました。
また特集番組でも後日放映されることが決まっています。(日程は未定)