令和4年「社会を明るくする運動」鞍馬小学校あいさつ運動

8月26日(金) 7:50〜 鞍馬小学校にて

左京区保護司会からは初めて鞍馬小学校に寄せてもらいました。階段を上ったところに校舎があります。子どもたちの殆どが叡山電鉄で登校してくるため、駅の方角から続く歩道橋を渡って小学校に入ってきます。その歩道橋からも見えるようにと社明君はあちこち移動。子どもたちは、初めて出会う「社明君」に驚きで少し恥ずかしそうにしていました。近づくと大きい社明君。「おはよう」の声も恥ずかしそうでしたが、近くによって声をかけてくれました。今度は校庭に移動した社明君。ボール遊びの子どもたちも社明君に寄って来てくれて大変嬉しそうでした。「明日も来てほしい。」と言ってくれる子どもたちに私たちも笑顔になりました。

 

 

参加保護司
山口・堀内・川見・佐伯・松本・久保

保護司以外の参加者
鞍馬小学校校長・教頭先生・教員

文責:鞍馬小学校

第72回「社会を明るくする運動」北白川地域ミニ集会

日時:令和4年8月7日 14:30〜16:30
会場:北白川小学校ふれあいサロン
講師:澤田清人(左京区保護司会保護司)
題名:「学校は社会の縮図」
~しんどさを抱えながらも子どもたちは頑張っている~

❖講師略歴
1961年2月6日 京都市左京区北白川に生まれ

京都教育大学卒業後、京都市立洛東中学校教諭として着任(1984)され、京都市立弥栄中学校で教頭時代(2004~2005)に人権劇の取組がNHK教育TV(わくわく授業)、総合TV(人間ドキュメント)で紹介される。

2007年 京都教育大学大学院連合教職実践研究科「授業力高度化コース」講師
2009年 立命館大学非常勤講師「道徳教育の研究Ⅰ」担当
2010年 京都市立花山中学校校長
2015年 京都市立向島中学校校長
2017年 京都市立二条中学校校長
2021年 保護司拝命、左京地区に配属
2022年 京都産業大学教職課程教育センター職員 京都文教大学非常勤講師

 
司会高橋保護司あいさつ           澤田清人先生 講演

今回の講演にあたり、講師の前面に飛沫防止の透明シートを設置させていただきました。
コロナ禍ですので、マスク着用での講演が常となっていますが、講演内容から、講演中の表情も見ていただくことが重要と考えたための処置です。

❖講演依頼の経緯
5月29日(日)、元新洞小学校のふれあいサロン室において北白川、葵・下鴨地域が合同で「新任保護司を囲む座談会」を開催しました。昨年11月に北白川地域の保護司として就任された澤田清人先生は中学校の教諭から教頭、校長と歴任され、学校現場での豊富なご経験を座談会でお話しいただきました。これこそ北白川ミニ集会の講演テーマに相応しい!と考え、懇親会で依頼したところ即快諾をいただいた次第です。

① 中学生の姿 道徳の時間の様子から(スクリーン静止画像)
講演は、中学生の道徳(主題「前向きな生き方/教材:「新しい夏の始まり」「明日を生きる 3」日本文教出版)の授業の様子をスクリーンに映し、その視聴から始まりました。

② 教育実践の裏側
「児童虐待(性的虐待)」「保護者の薬物依存(逮捕歴有)」という2つの事例を紹介されました。ここでは、「虐待が発覚したきっかけ」「子どもに対する保護処置及び保護者への対応」「それ以降の経過」についての具体的な説明がありました。このような問題が起こった場合、過去の苦い経験(保護者による常軌を逸した抗議行動)から慎重論も出るなか、“学校長の責任として腹をくくらなければならない”、つまり学校として原理原則を遵守(警察・児童相談所への通報)する毅然とした対応が必要であることを強調されました。

逮捕された母親からの手紙(要旨)
ここでは、覚せい剤の再犯で逮捕された母親からの手紙がスクリーン画像で紹介されました。その内容は、「先生との約束を破って再び覚せい剤に手を出してしまったことへの謝罪」「逮捕されてから我が子が登校していないこと、裏切ったことによる我が子の心の中」「何があっても二度と手を出さないという決意」「担任の先生が毎日家に来て我が子に学校へ来ることように声をかけてもらっていることへの感謝」の言葉が綴られています。

③ 少年A君との出会い
たいへん荒れた中学校の校長に赴任された1年目のお話として、ここから以下の項目は主に講演録を抜粋(青文字)します。
「自宅待機させられていたA君に対して、始業式前に話をしてほしいと言われました。A君は明らかに教師に対する不信と敵対を露わにした目をしていました。それでA君と話をすることになるのですが、A君は自分の話なんか聴いてくれたり、叱ってくれた先生は一人もいなかったと言います。A君はそれから毎日校長室に来て話をするようになりました。A君はテニス部に所属していたことが幸いし、その腕前を褒めたところとても嬉しそうにしていました。A君を担当していた保護司の先生との連携があり、そのことが現在保護司としてここにいる理由です。」

④ 子どもたちの話を「聴く」
澤田先生はここで、「“聴く”というのはどこで聞くのだと思われますか?」と聴講者に質問があり、前に座っていた3人が当てられました。最初に当てられた髙橋保護司は“耳”、次に堀内保護司が“心”、その横の席にいた大学生は“目”と答えました。

澤田先生は「さすが3人とも正解です!耳と目と心を+と書いて「聴」という文字がつくられているのです。つまり、問題行動の子どもたちを拒否するのではなく、話を聴いて受け入れる、彼らを信じて見守る、ということが大切なのです」と述べられました。

「これが学校の新しい体制となりましたが、保護者からは授業中に教師と生徒が談笑しているとは何事か!という抗議が挙がりました。しかし、子どもたちを信じて見守ってほしい、今後はこちら側に立ってほしい、という思いを伝え、理解を得ることができました。」

⑤ 「率先垂範」の効果
「A君のいた学年は120人おり、そのうち20人ほどの“しんどい子”(エスケープ、校内の至る所での喫煙、遅刻の常習化、私服・ミニスカート、茶髪・金髪)がいました。私は毎日校内を見回って、問題点があれば教育委員会にも要望し環境整備を行いました。見回っている時に校舎の上から唾を吐きかけられたこともありました。これはさすがにきつかった。
しかし、この環境整備が意外な効果があり、私の指導方針に批判的だった教職員にも理解されるようになりました。率先垂範がいかに大切さであるかを示されたと思います。」

⑥ 学校祭・体育祭・卒業式
「“しんどい子”がいた学年ですが、学校祭の頃から合唱コンクール、体育祭の集団演技に子どもたちは頑張りました。卒業式では金髪・茶髪に染めていたヤンチャな子どもたち全員が制服を着て、黒髪に戻して出席、厳かで感動的な式典が挙行できました。初めての卒業式以来の感動で泣きながら卒業証書を渡しました。」

⑦ 「京都教師塾」でのレポート
この当時の中学3年生が現在教師を目指しており、その生徒が「京都教師塾(※1)」の塾生時代に作成したレポートがレジュメに掲載されていますので下記に引用します。

「澤田先生が〇〇中に来られる以前は,学年の生徒が大きく分かれており,問題行動を起こす生徒に対して恐怖心を抱き,関わらないようにしようという雰囲気がありました。また,先生方はヤンチャな生徒にかかりっきりで,真面目な生徒は放置されているのではないかと感じることもありました。
しかし,3年生になり,新しい体制になったことで,少しずつ学年の分断がなくなっていき,一つにまとまってきたことを実感しました。その理由としては,先生方が生徒の話に耳を傾け,糸を切らないように寄り添うことで,生徒と先生との間に信頼関係が築かれたこと,先生方がクラスや学校に生徒の居場所や出番をつくったことだと考えます。
その結果,これまでクラスや学校に来なかった生徒について知ることができ,生徒同士の仲間意識や信頼関係が築かれたと感じます。将来,教育現場に立った際には,聴くこと,糸を切らないこと,思いやりをもって子どもに接することを常に意識して取り組みます。」

⑧ 少年院からの手紙(講演途中で配布)

澤田先生は、「この手紙は、少年が施設内で一生懸命辞書をめくりながら書いたものです。少年院送致は教師として敗北だと思っていました。しかし、(更生保護の)関係機関にお世話になることでこれほど変われるのかと思いました。」という言葉で締めくくられました。

⑨ 「卒業式で歌えなくなった“旅立ちの日に” 」(前述とは別の中学校)
「コロナウイルス感染拡大防止措置」により卒業式前の大切な10日ほどが臨時休校になりました。その影響で子どもたちが卒業式に用意していた歌が歌えなくなったことから、登校最終日の前日、卒業生の一人が校長室にやって来て「明日、“旅立ちの日に”を歌わせてください」とお願いをしに来ました。私は「1日でみんなを組織できるのか?できたら許可しよう」と応えました。子どもたちは準備を整え、登校最終日に学年の先生たちを体育館に呼んで合唱を披露してくれました。」

(このシーンは動画として収録してあり、視聴した参加者は感動で込み上げてくる涙を抑えることができず、スクリーンに映る生徒たちに拍手を送るという場面がありました)

 

〜追記〜 「破り捨てられた作文」
講演の後半、「中学2年生女子の道徳授業後のワークシート」という、女子生徒のレポートがスクリーンで紹介されました。女子生徒が提出せず、破ってゴミ箱に捨てたものを担任の先生が拾ってセロテープで貼り直したものです。

そこには、女子生徒の母親が辿ってきた失敗の人生を我が子に伝え、そのDNAを終わらせてほしい、という我が子の未来までも絶望させる言葉が綴られていました。極めて難しい問題が孕んでいることを鑑み、ここでは割愛させていただきました。講師から再度お話しを伺う機会を設けたい、と考えています。

(※1)京都教師塾
平成18年(2006)9月に政令指定都市で初めて開講された教師を目指す人のための塾。「教師になろう」という高い志と情熱・行動にあふれる塾生が、大学で身に付けた専門的知識を基盤として、京都市の教員の熱意溢れる取組や本市教育の理念、市民ぐるみの教育実践に直接ふれ、教師に求められる資質や実践的指導力に磨きをかける場として、これまでに4,000名を超える塾生が京都市の教育実践を学び、京都市はもとより全国で活躍している。

❖先生を超える教師になりたい
質疑応答の時間に、最前列に座っていた澤田先生の中学時代の教え子(現在大阪教育大学)が参加者の方へ向き直り、澤田先生の想い出を語ったあと、「澤田先生を超える教師になりたいと思っています」という凛とした言葉に会場から大きな拍手が送られました。

❖参加者から寄せられた声
・「澤田先生の講演、大変興味深く拝聴しました。我が家にも中学生の子どもがおります。ときには鬱陶しがられることもしばしばで、我が子でも向き合うのが大変だと感じることがあります。ましてや学校の教師という立場で子ども達と向き合い、信頼関係を築くのは簡単なことではないでしょう。心折れそうな瞬間はたくさんあったのでは、と想像します。
先生のお話の中の「聴く⇒耳+目+心」という言葉はとても印象的でした。学校だけでなく、家庭、さらにはあらゆるところで活かせる有意義なお話をありがとうございました。」

・「澤田先生の講演会、とても引き込まれました。我が家の子はまだ皆小学生ですが、上の子は再来年中学生になります。未来の我が家を想像しながら聞かせていただきましたが、先生の講演会で一貫していたのは「話を聴く」。私自身フルタイムに近い仕事に追われている為、子ども達に「ちょっと待ってね」「後で聞くね」「話すのは今じゃない」など…自分の都合で聴けていません。でも、先生のお話から、子どもでも大人でも話を「聴く」ということで、いくらでもやり直せることを学びました。そして、道具もお金も使わず「話を聴いて真剣に向き合う」ことをしていなかったことに反省もしました。まだまだ間に合う。先生の講演会を機に、子ども達とできる範囲で沢山話そうと思います。普段ではなかなか知り得ない内容の貴重なお話をありがとうございました。」

〜所感〜
講師による中学校生徒教育の現場経験を踏まえたご講演は、驚きとショックと感動満載の内容でした。このことは、参加者が異口同音に「参加してよかった」「聴きたかった内容だった」「是非もう一度聴きたい」「感動の場面が多く何度も涙があふれた」「若い年代にも聴いてほしいと思う内容だった」という感想を述べられていたことからも判ります。

今回の講演後には「左京北地区更生保護女性会」及び「法務省人権擁護委員会京都協議会」からの講演依頼がありました。できることならば、来年度の左京区公開講演会或いは京都市保護司会連合会の特別研修の講師としても是非依頼していただきたいと思っています。

【参加保護司】(13名 あいうえお順)
伊藤恵子 大西繁雄 隠塚功 川見善孝 久保優佳 佐藤恭子 鈴木美智子 髙橋秀紀 千葉明 中林五月 堀内寛昭 村上ますみ

【スタッフ保護司】(北白川地域以外)
川見善孝(浄楽・錦林東山) 久保優佳(北部) 鈴木美智子(吉田・聖護院)
村上ますみ(葵・下鴨) 中林五月(新洞)

【参加者】
左京北地区更生保護女性会5名・下鴨少年補導委員会北白川支部3名・
下鴨防犯推進委員北白川支部2名・北白川小学校PTA本部4名・北白川女性会3名・
教職関係者3名・大学生2名・地域一般8名

参加者総計43名

文責:堀内寛昭
写真:川見善孝

第72回「社会を明るくする運動」4地域合同ミニ集会

日時:令和4年7月29日 19:00~20:30
会場:元新洞小学校 1階第2会議室
演題:「身近に存在するジェンダー」
講師:寺町晋哉氏(宮崎公立大学准教授)

【講師プロフィール】
宮崎公立大学准教授 専門はジェンダーと教育
<著書>
・『〈教師の人生〉と向き合うジェンダー教育実践』晃洋書房
・「性別」があふれる学校は変われるのか
松岡亮二編著『教育論の新常識』中公新書ラクレ(分担執筆)
・「性別」で子どもの可能性を制限しないために
中村高康・松岡亮二編著『現場で使える教育社会学』ミネルヴァ書房(分担執筆)

新洞・川東地域を主催として4地域合同のミニ集会を行いました。
当日はZOOMを使用し、講師の寺町氏には宮崎よりリモートでご講演いただきました。会場参加者の手指消毒・検温はもちろんのこと、主催者他の挨拶は飛散防止透明シートを張った席より行うなど、感染防止対策を徹底して行いました。事前にZOOM通信テストを念入りに行ったにもかかわらず、講演会開始直後に機器トラブルでしばらくZOOMが繋がらないアクシデントもありましたが、講師の寺町氏と会場参加者のご協力で再開できました。

【講演内容】
ジェンダーとは?
ジェンダーの定義:「私たちは、さまざまな実践を通して、人間を女か男か(または、そのどちらでもないか)に〈分類〉している。ジェンダーとは、そうした〈分類〉する実践を支える社会的なルール(規範)のことである」

ジェンダーの定義についての説明のあと、日常には様々なジェンダー・バイアス(ジェンダーに基づく偏見や、その結果として性別構成比が偏ること)が潜んでいることを解説いただきました。
例えば学校に潜むジェンダー・バイアスとしては、「男子は理系、女子は文系」という認識や、「体力に男女差はある」という認識があります。これに対して様々な調査結果のグラフで、理数系科目の学力は男女差がないか、あってもごくわずかな差であることや、集団の平均値と最高値で「体力」に男女差はあるが、多くの男女は体力テストの結果が重なっていることを示していただきました。

また、学校の様々な場面やものやことが「自然」を装いながら「男女で区別」されています。整列する際に男女別で並んだり、「君」や「さん」といった教師からの呼称など、一つ一つはささいなことですが、常にありとあらゆる場面で「男女を区別」し続けることは、「男女は異なるものを持ち、異なる扱いをうける」ことが「自然」であることを児童生徒が無意識のうちに学んでしまいます。性的マイノリティ(「LGBT」)についても、社会の想定する「普通」からはじき出されてしまう性のあり方を生きることで、様々な困難を抱えていることを知りました。

ではどうすればよいのか。身近なジェンダーに対しては、少し立ち止まって「性別」情報やジェンダーに注意してみることや、「失敗」は仕方ないので、その都度反省していくこと、性的マイノリティに対しては、ジェンダーや性の「普通」に基づいた言動や運営を行わないこと、見直すこと、当事者から相談を受けた場合は聴く・知る・つなげる、避けるべきことは、決めつけない、広めない(共有しない)こと等を教えていただきました。

難しいテーマではありましたが、とても分かりやすいお話で、会場の参加者も共感できる内容でした。活発に質疑もあり、それに対しても丁寧にご回答いただきました。

主催:新洞・川東
共催:岡崎、浄楽・錦林東山、吉田・聖護院
後援:新洞連合会、新洞社会福祉協議会、新洞民生児童委員協議会、
新洞少年補導委員会、新洞女性会
【参加保護司】12名
信ケ原雅文 中林五月 中井京子 橋本周現 川見善孝 繁田彰 村上ますみ 堀内寛昭 久保優佳
澤田清人 市川悦子 鈴木美智子
【保護司以外の参加者】17名
新洞消防分団1名・新洞女性会11名・新洞民生児童委員協議会2名
左京南地区更生保護女性会1名・新洞共同募金会1名・新洞社会福祉協議会1名

参加者総計29名

文責:鈴木美智子

令和4年「社会を明るくする運動」市原野小学校あいさつ運動

7月15日(金) 7:45〜8:30 市原野小学校運動場にて

この日の天気は曇りで今にも雨が降ってきそうな様子に、校舎の近くで挨拶運動を実施しました。校門からすぐに「社明君」が目に飛び込んできます。子どもたちは嬉しそうに「知ってる。社明君やろ?」社明くんに駆け寄り、元気に「おはよう」と挨拶してくれました。市原野小学校にはPTAキャラクターの「いちた君」がいます。いちた君も校長先生に抱っこされて、一緒に挨拶してくれました。「帰りもいてくれるかな」と話しながら、校舎に入っていく子どもたち。子どもたちの元気な様子に、いつもこちらも励まされます。ここ数年の挨拶運動もあって、社明君がいてくれることで「保護司」の存在も覚えてもらってきています。校長先生も毎日でも来てほしいとおっしゃってくださいました。また是非寄せてもらいたいと思っています。

 

 参加保護司
山口・村上・堀内・大西・川見・藤田・佐伯・松本・久保

保護司以外の参加者
市原野小学校校長・PTA本部役員2名

文責:久保優佳

令和4年「社会を明るくする運動」北白川小学校に社明くんがやって来た!

7月14日(木) 北白川小学校正門にて 朝のあいさつ運動

今回の「朝のあいさつ運動」は、 7月12日の第三錦林小学校からはじまり、4日間連続のなかで、北白川小学校へは3日目に登場しました。
「“社明くん”知ってる、去年も来てたー」という子どもたちの歓迎の声に囲まれて、明るく元気に「おはようございます!」のあいさつが交わされました。

 

 参加保護司
堀内寛昭・隠塚功・伊藤恵子・久保優佳・川見善孝(京の社明くん)

保護司以外の参加者
PTA本部役員3名

文責:堀内寛昭

令和4年「社会を明るくする運動」錦林小学校あいさつキャンペーン

7月13日(水) 7:45〜8:30 京都市立錦林小学校 エントランスにて開催
二ヶ所の門があるため校舎前で挨拶運動を行う。そのため背後から登校する児童は遠巻きに見ているが、友達に誘われ社明くんの所へ。児童数も多いため社明くんがもみくちゃになる場面も。ここでも社明くんの人気は凄い。誰もが社明くんを見たら笑顔になるから不思議。ランドセルを教室に置き、また戻ってきて社明くんにひっついている。「一緒に教室に来て、一緒に勉強しよう」と手をとる児童達に、危うく連れて行かれそうになるくらい皆に喜んでもらえた。
挨拶運動で私達、保護司の方が笑顔と元気をもらったような気がする。

 参加保護司
村上ますみ・堀内寛昭・久保優佳・中林五月・中井京子・鈴木美智子・川見善孝(京の社明くん)

文責:中林五月
写真:久保優佳・堀内寛昭

下鴨小学校「社明くんと学ぶ薬物乱用防止啓発授業」

7月12日(火) 14:20~14:40 下鴨小学校6年生対象 体育館にて開催
今年度も体育館にて6年生全員に、薬物乱用防止啓発授業を、パワーポイントを使用し、薬剤師でもある藤田保護司が分かりやすく、質問を多く交え授業をした。壇上に“あきまへん”垂れ幕2枚と社明旗を掲げ、社明くんは皆の周りを動き、場を和ましてくれた。

 

 


参加保護司
葵・下鴨:宮崎、藤田、村上  市原野:佐伯、久保  他地域:伊藤、鈴木
社明くん:川見

保護司以外の参加者
北更生保護女性会:宮崎
薬剤実習生:石原(立命館大学薬学5年生)

文責:村上ますみ
写真:久保優佳・佐伯知彦・伊藤恵子・村上ますみ

令和4年「社会を明るくする運動」第三錦林小学校あいさつキャンペーン

7月12日(火) 7:45~8:30 第三錦林小学校 正門にて 朝のあいさつ運動

校長先生と共に校門で児童の皆さんを迎える。京の社明くんを見つけると皆さんの顔がパーッと明るくなる。高学年はニコニコ照れくさそうに挨拶を交わすが、低学年は社明くんに抱きついたり、時にはパンチをしてみたり。「どこから来たの?」「中に誰が入ってるの?」など興味津々。社明くんにも大きな声でご挨拶してくれ、校長先生と共に記念撮影に収まり大喜びして頂きました。

「今日も頑張りましょう」との声かけに名残惜しそうに教室へと入って行った児童達。
「また来るね」の言葉に元気に手を振ってくれました。

 

 
参加保護司
繁田彰・堀内寛昭・中林五月・川見善孝(京の社明くん)

文責:中林五月
写真:繁田彰・堀内寛昭

令和4年「社会を明るくする運動」下鴨中学校あいさつキャンペーン

7月8日(金) 8:00~8:30 下鴨中学校 北校舎前グランドにて 朝のあいさつ運動

昨年同様啓発グッズ無しで、北校舎前に“あきまへん”垂れ幕和英版と南北校門に社明旗を掲げ、生徒会、委員会と共に、大勢で“おはよう”の声掛けを行い、登校の生徒たちも、伸びやかに応えてくれた。最後、生徒会の生徒たちは、社明くんと記念写真も教頭先生に撮ってもらうほど、明るいあいさつ運動が出来た。

 

参加保護司
葵・下鴨:和田、藤田、村上  市原野:佐伯、久保  松ケ崎:山田  社明くん:川見

保護司以外の参加者
北更生保護女性会:宮崎

文責:村上ますみ
写真:久保優佳・佐伯知彦・村上ますみ

令和4年「社会を明るくする運動」葵小学校あいさつキャンペーン

7月7日(木) 8:00~8:30 葵小学校 正門にて 朝のあいさつ運動

昨年に引き続き、6年生への啓発授業無しの”朝の挨拶運動“とし、社明旗をあげ、社明くんの出場で、今年度も子供達には大人気であった。去年のことを覚えて声をかけてくれる児童もいて、交わりの楽しさであった。校長先生もいつも通りに挨拶を一緒にして頂いた。

  

参加保護司
葵・下鴨:和田、藤田、村上  市原野:久保  社明くん:川見

保護司以外の参加者
北更生保護女性会:宮崎

文責:村上ますみ
写真:久保優佳・村上ますみ