「薬物依存症は病気です」。薬物再犯防止啓発ビデオ

左京区保護司会は、「薬物依存症は病気です」。薬物再犯防止啓発ビデオをYouTubeで公開しました。
薬物に手を染めると、犯罪者としてのレッテルが貼られるため、嘘をつく、隠れる、逃げる、孤立するといった、悪循環のサイクルを繰り返しているように思われます。嘘をつく、隠れる、逃げる、孤立するといった、ネガティブな考え方から、⇨ 病気だからやめられないのは当たり前。自分はダメ人間ではない!「依存症」には治療が必要です。という客観的な情報発信することがきっかけとなり、ポジティブな考え方へと導ければと願います。薬物の再犯をやめたいと思っている人、自分は何回も約束を破ってしまうダメな人間と自分に呆れかえっている薬物依存者に対して、また同時に、地域の私たちが薬物依存者は薬物依存症という病気にかかている人たちであるという認識を持つことが薬物の再犯を防ぐ大きな要因になるという思いに至りました。

薬物依存症は病気です」。 というメッセージを発信するビデオです。

制作:左京区保護司会
協力:左京区薬物乱用防止指導員協議会
motion graphic design:みぞれなし
coordinate:上野修宏
事務局:京都市左京区修学院千万田町5-47ハウス修学院101号
左京区保護司会 更生保護サポートセンター内

尚、このビデオは京遊連社会福祉基金の助成金により制作しました。

ビデオ制作に際し、いわくら病院杉山看護師、川端警察署藤井生活安全課長、京都ダルク出原施設長より、薬物依存症とは、薬物犯罪、薬物依存症になる要因や、社会復帰に関しての問題点などについてのレクチャーを受けました。
加えて、いわくら病院地域連携室矢田部氏より「回復への道程」と題する提言をいただきました。
お聞かせいただいた貴重なお話をベースに、
左京区保護司会ビデオ制作委員会でメッセージコピーを作成。
より多くの方に見ていただきたいという思いから、
効果的にメッセージが伝わるように、シンプルで訴求力のある、
motion graphicを用いたビデオ制作を外部デザイナーに依頼しました。
このメッセージが広く浸透すれば、薬物依存症に対する世間の認識が変わり、
それによって依存者自身が病院に行きやすくなるきっかけになり、結果として、
薬物再犯防止につながる事を願っています。

可能ならば、薬物乱用防止活動に関わっておられる多くの関係団体にもご賛同をいただき、このビデオを使っていただければと思っています。

文責:上野 修

 

 

社明運動 北部ミニ集会 順延再開のお知らせ

左京区保護司会北部が 7月6日に予定していましたミニ集会が、大雨警報のために延期し、皆様にご迷惑をおかけいたしました。 この度、同じ企画で 8月25日(土)に開催できることになりました。 お暑い中になりますが、ご参加をお待ちしております。

日時: 8月25日(土) 午後6:30分受付  7時 ~ 9時

場所: 市原野会館

詳しくはこちら市原野ミニ集会(再)

左京保健協議会連合会 講演会

平成30年7月26日3時~4時 左京区役所 1階会議室

演題: 薬物依存症は病気です ~薬物再犯防止啓発ビデオ~

左京保健協議会連合会 山崎会長のご依頼を受け、上野犯罪予防部会長(兼左京区薬物乱用防止指導員協議会会長)、伊藤理事、村上副会長が、分担して 左京区保護司会作成のビデオについて話しをした。

1.ビデオ制作に関わった左京区保護司会、左京区薬物乱用防止指導員協議会について

2.薬物依存症について受けたレクチャーについて  1)いわくら病院
2)川端署 生活安全課   3)京都ダルク 施設長

3.ビデオ制作について

・左京区保護司会らしいメッセイジの発信

・ターゲット:薬物依存者、依存者の家族、近親者、友人、地域の人、保護司を含む更生保護活動をしている関係者

・目的:薬物依存症は病気であり、病気には治療が必要であることを理解することによって、地域内での薬物依存者に対するイメージが変わり、治療を受ける環境が整い、薬物依存者が病院で治療を受けるケースが増え、結果的に薬物の再犯を防止することにつなげていく。

話しの最初と最後に ”薬物依存症は病気です”のビデオを放映した。

 

岩倉街頭啓発

岩倉保護司会、岩倉更生保護女性会合同で
社会を明るくする運動岩倉街頭啓発活動を行いました。
岩倉北学区、明徳学区、岩倉南学区三班に分かれ
消防分団から借りたマイクとスピーカーを使って
啓発活動を行いました。

その後、Aコープや洛北中学校正門で
ダメ絶対のチラシ、ティッシュ、ビスケットを配布しました。

 

 

「薬物再犯防止啓発ビデオ」の英語翻訳

「薬物再犯防止啓発ビデオ」の英語翻訳
平成30年9月3・4日東京で開催される国連アジア極東犯罪防止研修所の
第170回国際研修で犯罪予防部会長上野  修が左京区保護司会が制作した
「薬物再犯防止啓発ビデオ」を放映し英語で発表するということになり、
メッセージコピーを英語翻訳していただきました。
YouTubeで公開しましたのでお知らせいたします。

The day suddenly arrives
when, just in order to escape from reality,
you easily get access to the drug.

Once you use it, you are labelled as “offender”.
Yet once you use it,
you can’t stop it even if you know it’s an offense.
And
you betray your family and friends,
tell lies to them,
lose their trust, and end up being isolated.

Harsh punishment only can’t stop your craving for the drug.
Because
its pleasure deep inside of you will not let you go
and you can think about nothing but drug.

“I’ll never do that again”
Having broken so many promises with your family and friends,
you may be disappointed with yourself, but we have something to tell you.

It is not because of your weakness that you can’t resist the drug.
It is because of
a disease called “drug addiction”

Drug addiction is a disease.
And
Every disease needs medical treatment.

We Sakyo VPO Association, as volunteers, stand by those who unfortunately committed an offense, and support their rehabilitation.
Drug Addiction is a Disease.

Translation : “Ayako Sakonji (Kyoto Probation Office)”

岩倉地区ミニ集会報告書

社会を明るくする運動岩倉ミニ集会

7月21日(土) 午前10:00~12:00 岩倉交流センターで
岩倉地域保護司会・岩倉更生保護女性会の共催で開催されました

講師は伊藤善昌先生
京都市教育委員会 総合育成支援課 専門主事をされており、
自身も東山地区の保護司をされておられます。
演題:「家庭 地域教育で大切にしたいこと」
~優しい心を育てるために~

ギターの弾き語りと講演をしていただきました。
さだまさし「償い」の歌詞を引用しながら講演に入っていくという
ユニークなスタイルで、

「優しい心を育てるために」
と題して7つの項目に対して丁寧に分かりやすくお話しをしてくださいました。

当日は約50名の参加者があり、最後まで熱心に聞き入っておられました。
また、多くの質疑応答もありました。

最後に、左京区保護司会が制作した『薬物依存症は病気です』の薬物再犯防止啓発ビデオを放映し、若干の説明をさせていただき、予定終了時間より少しオーバーして閉会となりました。

第 68 回「社会を明るくする運動」 左京区公開講演会報告

第68回社会を明るくする運動左京区公開講演会
平成30年 7月 19日午後 1 時00分〜左京区役所1階会議室。

内閣総理大臣伝達
左京区保護司会 風間随成会長の挨拶に続き、浦野浩昭 京都保護観察所長が、
安倍晋三内閣総理大臣よりの伝達を読み上げ、社会を明るくする運動左京区
推進委員長の池内正貢左京区長へ手渡されました。

引き続き、講演会が行われました。
基調講演に先立って
左京保護司会が制作した「薬物依存症は病気です」薬物再犯防止啓発ビデオを放映。

ーアルコール・薬物ー 「依存症の理解と対応について」
 基調講演:佐藤 晋一先生、佐々木浩二先生、アルコール依存症家族会の方
にお話をいただきました。

佐藤晋一先生:アルコールはある意味、薬物の中で一番強いものとも言えます。アルコール依存の状態は、お酒の飲料をコントロールできなくなっています。否認の病気とも言われ、本人は、大丈夫といいます。など、わかりやすくアルコール依存症の症状についてお話しいただきました。
佐々木浩二先生:精神病病院として有名だったいわくら病院が地域ではどのように思われていたかという昔の話、現在の病院内でのケアーについてのお話をいただいたのち、直前まで匿名を希望されていたが実名で登壇されたアルコール依存症家族会武市さんを紹介いただいた。ご主人がアルコール依存症になられたことを認めない中、騙すようにいわくら病院へ連れていき、治療を受け、退院。さあこれからと思った時、再びアルコール依存症に!家族が、よかれと思い、手助けすることが、アルコール依存者に対しては、逆効果であることがある。・・・家族会の武市さんのお話には、家庭を守る信念、感謝と愛情、希望、そして説得力がありました。

パネルディスカッション:
佐藤晋一先生:
アルコール依存者は、真面目で、仕事について言えば、普通のひとの2倍の仕事をされるほど頑張ってこられた人が多いです。明日からやめる。そう答える人は、アルコール依存症だと思っていいと思います。

京都新聞読者センター長 北村哲夫氏
震災の後、仮設住宅に入られた方のなかで、依存症になっておられるかたが、増えていると、報告されています。 地域のかたと、同じ仮設に行くのではなく、知らない場所で、知らない隣人と生活するなかで、希望を失い、孤独感から逃れるためにアルコールや、薬物を乱用されるようです。

京都ダルク施設長 出原和宏氏:
若い頃、少し違った経験をしたくなり、覚醒剤を使った。だった一度でしたが、4日間寝ずにいたようです。その強烈な感覚が、忘れられなくなり、覚醒剤を手に入れることが、生活の目標になりました。大阪ダルクに行くようになって、薬物依存症は病気であることを知りました。
薬物依存症だった自身のお話をしていただきました。

参加者からの質疑応答もあり有意義な時間を持てたと思っております。

地域に住む私たち(薬物依存者、依存者の家族、近親者、友人、地域の人、保護司を含む更生保護活動をしている関係者)が、薬物依存症は病気であり、病気には治療が必要であることを理解することによって、地域内での薬物依存者に対するイメージが変わり、治療を受ける環境が整い、薬物依存者が病院で治療を受けるケースが増え、結果的に薬物の再犯を防止することにつなげていくことを願う。を確認して講演会、パネルディスカッションを終了いたしました。

当日は、35度Cを超える猛暑日の中、130名の参加があり、会議室ABCはほぼ満席。
ほとんど退席者もなく最後まで参加していただきました。

総合司会 : 左京区保護司会研修部会 繁田  彰氏
講演会司会進行:犯罪予防部会長上野 修

準備設営風景
準備設営風景
会場受付

当日の受付は、左京区北更生保護女性会、左京区南更生保護女性会、左京区保護司会協力組織部会、左京区BBS会の先生方にお手伝いいただきました

会場の設営及び撤去:浦野浩昭 京都保護観察所長を始め、お手伝いいただきました先生方に感謝申し上げます。

当日は、犯罪御予防部会理事 川見善孝先生が、ゆるキャラ「京の社明君」をかぶって区役所内、講演会場にも出現。和やかな雰囲気を作ってくださいました。講演会開催にあたり、左京区長、保護観察所長様をはじめとする来賓の皆様への日程調整、参加要請、会場の確保など、幾度となく区役所へ足を運んでいただきました、
風間会長、鞍谷副会長、堀内総務部会長に深く感謝を申し上げます。

講演会写真・京の社明くん:川見善孝 犯罪予防部会
文責:上野 修 犯罪予防部会

岡崎・吉田・聖護院地区活動報告

日時:平成30年7月3日(火)午後7時~午後8時30分

場所:京都市立錦林小学校 ふれあいサロン

講師:京都少年鑑別所 所長 渡邉悟氏

演題:”少年鑑別所から見たこどもたち”

案内はこちらから

活動報告はこちらから

日時:平成30年7月11日(水)午前7時40分~午前8時40分

京都市立錦林小学校 校門前で「京の社明くん」と共に啓発活動を行いました。

朝の登校時、多くの児童が「京の社明くん」の周りに集まってくれました。