「薬物依存症は病気です」。薬物再犯防止啓発ビデオ

左京区保護司会は、「薬物依存症は病気です」。薬物再犯防止啓発ビデオをYouTubeで公開しました。
薬物に手を染めると、犯罪者としてのレッテルが貼られるため、嘘をつく、隠れる、逃げる、孤立するといった、悪循環のサイクルを繰り返しているように思われます。嘘をつく、隠れる、逃げる、孤立するといった、ネガティブな考え方から、⇨ 病気だからやめられないのは当たり前。自分はダメ人間ではない!「依存症」には治療が必要です。という客観的な情報発信することがきっかけとなり、ポジティブな考え方へと導ければと願います。薬物の再犯をやめたいと思っている人、自分は何回も約束を破ってしまうダメな人間と自分に呆れかえっている薬物依存者に対して、また同時に、地域の私たちが薬物依存者は薬物依存症という病気にかかている人たちであるという認識を持つことが薬物の再犯を防ぐ大きな要因になるという思いに至りました。

薬物依存症は病気です」。 というメッセージを発信するビデオです。

制作:左京区保護司会
協力:左京区薬物乱用防止指導員協議会
motion graphic design:みぞれなし
coordinate:上野修宏
事務局:京都市左京区修学院千万田町5-47ハウス修学院101号
左京区保護司会 更生保護サポートセンター内

尚、このビデオは京遊連社会福祉基金の助成金により制作しました。

ビデオ制作に際し、いわくら病院杉山看護師、川端警察署藤井生活安全課長、京都ダルク出原施設長より、薬物依存症とは、薬物犯罪、薬物依存症になる要因や、社会復帰に関しての問題点などについてのレクチャーを受けました。
加えて、いわくら病院地域連携室矢田部氏より「回復への道程」と題する提言をいただきました。
お聞かせいただいた貴重なお話をベースに、
左京区保護司会ビデオ制作委員会でメッセージコピーを作成。
より多くの方に見ていただきたいという思いから、
効果的にメッセージが伝わるように、シンプルで訴求力のある、
motion graphicを用いたビデオ制作を外部デザイナーに依頼しました。
このメッセージが広く浸透すれば、薬物依存症に対する世間の認識が変わり、
それによって依存者自身が病院に行きやすくなるきっかけになり、結果として、
薬物再犯防止につながる事を願っています。

可能ならば、薬物乱用防止活動に関わっておられる多くの関係団体にもご賛同をいただき、このビデオを使っていただければと思っています。

文責:上野 修

 

 

岡崎・吉田・聖護院地区活動報告

日時:平成30年7月3日(火)午後7時~午後8時30分

場所:京都市立錦林小学校 ふれあいサロン

講師:京都少年鑑別所 所長 渡邉悟氏

演題:”少年鑑別所から見たこどもたち”

案内はこちらから

活動報告はこちらから

日時:平成30年7月11日(水)午前7時40分~午前8時40分

京都市立錦林小学校 校門前で「京の社明くん」と共に啓発活動を行いました。

朝の登校時、多くの児童が「京の社明くん」の周りに集まってくれました。

  

 

北部地区 「社会を明るくする運動」ミニ集会 延期のお知らせ

明日7月6日(金)19時30分より開催予定の

京都交通事故被害者の会 古都の翼の中江義則氏によるミニ集会は、

今日発令の大雨警報により、開催場所である市原野会館が避難所になりましたので

延期いたします。後日関係者で相談し、延期日もしくは中止を決めることにします。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承お願いいたします。

北部地区代表 佐伯 知彦

 

葵・下鴨地区 小中学校及び街頭 社明キャンペーンのお知らせ

平成30年7月12日(木)     スケジュール

12:40~13:20  下鴨中学校 南北校門にて       社明くん参加

14:00~14:10  葵小学校 6年1組、2組 クラスにて   社明くん参加

14:15~14:25  下鴨小学校 6年対象 下鴨ホールにて

14:40~15:20  洛北高校北大路交差点         社明くん参加

 

 

 

 

養正・養徳学区街頭啓発及びミニ集会のご案内

街頭啓発 養正学区7月14日(土)午前11時〜 グレース田中前
養徳学区7月14日(土)午前11時〜 イズミヤ高野店前

ミニ集会: 養正・養徳合同 7月26日(木)午後7時〜8時30分
会  場: 養徳小学校ふれあいサロン
講  師: 下鴨警察生活安全課長 吉田俊朗氏
テーマ : 「ストーカー対策並びにSNSによる被害防止について」

詳しくはこちらから

岩倉地区ミニ集会開催のご案内

本年も「社会を明るくする運動」の一環として、
左京区岩倉地域保護司会、左京北地区岩倉更生保護女性会と共催で、
岩倉地域ミニ集会を開催させていただきます。

1.日 時  平成30年7月21日(土) 午前10時~11時40分
2.会 場  岩倉地域交流センター2階会議室
3.内 容  〇講演(歌とお話)
講  師  伊藤 喜昌氏(京都市教育委員会総合育成支援課専門主事)
テーマ   「家庭・地域教育で大切にしたいこと~優しい心を育てるために~」       〇意見交換

詳しくはこちらまで

「社会を明るくする運動」特別講演会「命てんでんこ!」

講師:上原忠晴先生

 雨天にもかかわらず86名もの参加がありました。噂の「ロールプレイング」(演技方式)では、レトロな革鞄からやおら取り出されたサングラスとハット。このいでたちでインネンをつける暴力団に早代わり、というよりも、本来のお姿ではないのかと見紛うばかりでした。会場は笑いに包まれ、話術に引き込まれ、予定時間をオーバーして終了となりました。

今回の大きな成果は、左京区内の少年補導委員さん、防犯推進委員さん、薬物乱用防止指導員さんなど、多くの防犯関係者のご来場により、新たな “安心安全ネットワーク”の布石となりました。

文責:堀内寛昭    犯罪予防部会
京の社明くん・写真:川見善孝    犯罪予防部会

左京ボイスに作文コンテスト表彰式が掲載

左京ボイス3月15日版に、左京区作文コンテスト表彰式の記事と記念写真が掲載されました。当日は、入賞された小中学校の生徒さん、その保護者やご家族、学校長、先生方も出席いただき、区長、各種協賛団体長様と保護司も同席のお祝いの式典となりました。

 

文責:村上ますみ 協力組織部会