「薬物依存症は病気です」。薬物再犯防止啓発ビデオ

左京区保護司会は、「薬物依存症は病気です」。薬物再犯防止啓発ビデオをYouTubeで公開しました。
薬物に手を染めると、犯罪者としてのレッテルが貼られるため、嘘をつく、隠れる、逃げる、孤立するといった、悪循環のサイクルを繰り返しているように思われます。嘘をつく、隠れる、逃げる、孤立するといった、ネガティブな考え方から、⇨ 病気だからやめられないのは当たり前。自分はダメ人間ではない!「依存症」には治療が必要です。という客観的な情報発信することがきっかけとなり、ポジティブな考え方へと導ければと願います。薬物の再犯をやめたいと思っている人、自分は何回も約束を破ってしまうダメな人間と自分に呆れかえっている薬物依存者に対して、また同時に、地域の私たちが薬物依存者は薬物依存症という病気にかかている人たちであるという認識を持つことが薬物の再犯を防ぐ大きな要因になるという思いに至りました。

薬物依存症は病気です」。 というメッセージを発信するビデオです。

制作:左京区保護司会
協力:左京区薬物乱用防止指導員協議会
motion graphic design:みぞれなし
coordinate:上野修宏
事務局:京都市左京区修学院千万田町5-47ハウス修学院101号
左京区保護司会 更生保護サポートセンター内

尚、このビデオは京遊連社会福祉基金の助成金により制作しました。

ビデオ制作に際し、いわくら病院杉山看護師、川端警察署藤井生活安全課長、京都ダルク出原施設長より、薬物依存症とは、薬物犯罪、薬物依存症になる要因や、社会復帰に関しての問題点などについてのレクチャーを受けました。
加えて、いわくら病院地域連携室矢田部氏より「回復への道程」と題する提言をいただきました。
お聞かせいただいた貴重なお話をベースに、
左京区保護司会ビデオ制作委員会でメッセージコピーを作成。
より多くの方に見ていただきたいという思いから、
効果的にメッセージが伝わるように、シンプルで訴求力のある、
motion graphicを用いたビデオ制作を外部デザイナーに依頼しました。
このメッセージが広く浸透すれば、薬物依存症に対する世間の認識が変わり、
それによって依存者自身が病院に行きやすくなるきっかけになり、結果として、
薬物再犯防止につながる事を願っています。

可能ならば、薬物乱用防止活動に関わっておられる多くの関係団体にもご賛同をいただき、このビデオを使っていただければと思っています。

文責:上野 修

近畿地方保護司代表者協議会

平成30年11月7日 神戸ポートピアホテルで開催された
近畿地方保護司代表者協議会に出席させていただきました。
京都府からは26名が参加し、下記の3部会に別れて協議を行いました。

協議事項1.
保護司の安定的確保の方策について
ア 保護司適任者の確保について
イ 経験年数の少ない保護司に対する支援について
協議事項2.
保護司の組織活動の強化について
ア 更生保護サポートセンターの効果的な活用について
イ 効果的な地域活動について
協議事項3.
薬物事犯者に対する処遇の充実強化と配慮すべき事項について
ア 薬物依存回復支援機関や団体との連携について
イ 薬物依存のある保護観察対象者等を処遇する上で特に
配慮すべき事項について

午前10:30から午後15:30分まで真剣な協議をさせていただきました。

文責:上野 修 犯罪予防部会長

 

京都女子大学BBS会との勉強会

平成30年10月17日(水)

京都女子大学 図書館交流の床ホールにて、京女BBSの会主催の勉強会の講師として、風間会長、村上副会長、木村理事兼左京BBS会会長、坂口先生が招かれ、講演とグループワークを行いました。 講演内容は、保護司の活動全般の説明と経験によるケース説明や、”薬物依存症は病気です”のビデオや、中学生向けの薬物関連のチラシ制作についてなど約半時間、その後2グループに分かれ(風間会長、坂口班と村上、木村班)、京女大学副学長もグループ討論に参加していただき、対象者との関わり方や面接時の注意点、ワークバランスの取り方や、家族への配慮、女性保護司の苦労点など、質問も交えながらの座談会を、途中グループ交代もしながら 約一時間を有意義に楽しく過ごすことができました。 京女大生ばかりでなく、法学部の教授、事務局長等教職員の方々、また京大、同志社大、竜谷大のBBS会の学生さんの参加も頂きました。

今後も このようにBBS会の方々と連携して、更生保護の活動が盛り上がることを願っています。

文責:村上ますみ

平成30年度 第1 回 保護司国際研修 参加報告

東京都昭島市にある、国連アジア極東犯罪防止研修所で開催された、第170回
国際研修内で行われた平成30年度 第1回 保護司国際研修に、京都府代表として
参加させていただき、9月3日午後4時30分から、研修に参加されている方々の
前で発表を行いました。

会議は同時通訳者がつき、日英2カ国語で聞けるようになっていました。
他に参加された各保護司会と発表内容は以下のとおりです。
甲府保護司会(サポートセンターにおける活動)
旭川保護司会(薬物事犯、同じ罪名の2事例比較)
佐世保保護司会(覚せい剤取締法違反 事例報告)
東京渋谷区保護司会(薬物犯罪ケース、医療系大学との連携)
左京区保護司会(薬物依存症は病気です)の発表は一番最後でした。
Drug Addiction is a Disease.
Ayako Sakonji (Kyoto Probation Office)英語翻訳による
英語のテロップが表示されるYouTube映像を正面の大スクリーンで
放映した後、ビデオについて発表させていただきました。

パプアニューギニアからの参加者から、素晴らしい発表だっったと褒めていただ
き 水戸保護観察所の保護観察官からは、ぜひともコンテンツを送ってほしいと要
請を受けました。 「役所が作るのとは違い、今まで見たことがないようなスマー
トなビデオですね!」との意見もいただきました。

海外からの参加者にとって、日本の保護司がボランティアで活動をしているのが
信じられないようで、 なぜボランティアなのに日本人は保護司を引き受けるのか?
どうしてあなたは保護司をしているのですか?という質問がありました。

国連アジア極東犯罪防止研修所 第170回国際研修には下記の国・地域から
「薬物事犯に関わる方々」が参加されていました。
( ブラジル、香港、 韓国、ラオス、マレーシア、モルディブ、 モーリシャス、
ミャンマー、ナミビア、パキスタン、パプアニューギニア、フィリピン、サモア、
スリランカ、タイ)

左京区保護司会ビデオ制作メンバーの皆さんと一緒
に制作したビデオが意外な展開を見せ、外国の研修
参加者の前で発表する機会を得たことは大きな喜び
です。
薬物再犯防止啓発ビデオとして作ったビデオメッセ
ージ「薬物依存症は病気です」が日本の隅々まで広
がり、一人でも多くの薬物依存者が病院に行くきっ
かけになり、結果として高止まりしている、薬物事
犯再犯の減少につながればと願います。

 

文責:上野 修(犯罪予防部会長・左京区薬物乱用防止指導員協議会会長)

 

北部地区社明活動報告

平成30年8月25日 午後7時から午後9時まで 市原野会館にて

講師  京都交通事件被害者の会 古都の翼
    中江 美則 氏(犯罪更生保護団体 ルミナ 代表)

演題 《深まる苦しみ ひろがる傷口》~亀岡交通事件の犠牲者遺族の想い~

 

7月6日に予定しておりましたが大雨のため延期させていただき、この日にようやく開催することができました。

約100名の方にご来場いただき、お話を最後まで聴かせていただきました。

やはり自分の目で見て聴くことは、とても大切なことだと改めて思った講演でした。                      

 

 

[その他の活動]

7月13日 京都市立市原野小学校にて朝のあいさつ運動に参加

市原野小学校ホームページ

全体の報告はこちらから

 

 

 

 

 

社明運動 北部ミニ集会 順延再開のお知らせ

左京区保護司会北部が 7月6日に予定していましたミニ集会が、大雨警報のために延期し、皆様にご迷惑をおかけいたしました。 この度、同じ企画で 8月25日(土)に開催できることになりました。 お暑い中になりますが、ご参加をお待ちしております。

日時: 8月25日(土) 午後6:30分受付  7時 ~ 9時

場所: 市原野会館

詳しくはこちら市原野ミニ集会(再)

左京保健協議会連合会 講演会

平成30年7月26日3時~4時 左京区役所 1階会議室

演題: 薬物依存症は病気です ~薬物再犯防止啓発ビデオ~

左京保健協議会連合会 山崎会長のご依頼を受け、上野犯罪予防部会長(兼左京区薬物乱用防止指導員協議会会長)、伊藤理事、村上副会長が、分担して 左京区保護司会作成のビデオについて話しをした。

1.ビデオ制作に関わった左京区保護司会、左京区薬物乱用防止指導員協議会について

2.薬物依存症について受けたレクチャーについて  1)いわくら病院
2)川端署 生活安全課   3)京都ダルク 施設長

3.ビデオ制作について

・左京区保護司会らしいメッセイジの発信

・ターゲット:薬物依存者、依存者の家族、近親者、友人、地域の人、保護司を含む更生保護活動をしている関係者

・目的:薬物依存症は病気であり、病気には治療が必要であることを理解することによって、地域内での薬物依存者に対するイメージが変わり、治療を受ける環境が整い、薬物依存者が病院で治療を受けるケースが増え、結果的に薬物の再犯を防止することにつなげていく。

話しの最初と最後に ”薬物依存症は病気です”のビデオを放映した。

 

岩倉街頭啓発

岩倉保護司会、岩倉更生保護女性会合同で
社会を明るくする運動岩倉街頭啓発活動を行いました。
岩倉北学区、明徳学区、岩倉南学区三班に分かれ
消防分団から借りたマイクとスピーカーを使って
啓発活動を行いました。

その後、Aコープや洛北中学校正門で
ダメ絶対のチラシ、ティッシュ、ビスケットを配布しました。

 

 

「薬物再犯防止啓発ビデオ」の英語翻訳

「薬物再犯防止啓発ビデオ」の英語翻訳
平成30年9月3・4日東京で開催される国連アジア極東犯罪防止研修所の
第170回国際研修で犯罪予防部会長上野  修が左京区保護司会が制作した
「薬物再犯防止啓発ビデオ」を放映し英語で発表するということになり、
メッセージコピーを英語翻訳していただきました。
YouTubeで公開しましたのでお知らせいたします。

The day suddenly arrives
when, just in order to escape from reality,
you easily get access to the drug.

Once you use it, you are labelled as “offender”.
Yet once you use it,
you can’t stop it even if you know it’s an offense.
And
you betray your family and friends,
tell lies to them,
lose their trust, and end up being isolated.

Harsh punishment only can’t stop your craving for the drug.
Because
its pleasure deep inside of you will not let you go
and you can think about nothing but drug.

“I’ll never do that again”
Having broken so many promises with your family and friends,
you may be disappointed with yourself, but we have something to tell you.

It is not because of your weakness that you can’t resist the drug.
It is because of
a disease called “drug addiction”

Drug addiction is a disease.
And
Every disease needs medical treatment.

We Sakyo VPO Association, as volunteers, stand by those who unfortunately committed an offense, and support their rehabilitation.
Drug Addiction is a Disease.

Translation : “Ayako Sakonji (Kyoto Probation Office)”