What’s New

京都市PTAフェスティバル
平成30年12月8日(土) 10時~15時 みやこめっせ 3階
PTAフェスティバルに「社明くんと学ぼう!社会を明るくするために」をスローガンに、
ブースを設けて啓発活動をしました。
詳しくはこちらから

公益財団法人京遊連社会福祉基金
於:平成30年11月29日ANAクラウンホテル京都
左京区保護司会は(公財)京遊連社会福祉基金から
昨年に引き続き社会福祉活動の助成金を受けることができました。
会場では昨年の助成金で作成したビデオ「薬物依存症は病気です」
が披露されました。
白河理事長より鞍谷秀郎副会長に手渡される助成金

平成30年度 施設参観と社会見学会
平成30年11月27日(火)施設参観と社会見学会研修会を開催致しました。
詳しくはこちらから

近畿地方保護司代表者協議会
於:平成30年11月7日 神戸ポートピアホテル
詳しくはこちらから

京都女子大学BBS会との勉強会
京都女子大学 図書館交流の床ホールにて、京女BBSの会主催の勉強会の講師として、
風間会長、村上副会長、木村理事兼左京BBS会会長、坂口先生が招かれ、
講演とグループワークを行いました。
詳しくはこちらから

平成30年度 第1回 保護司国際研修 報告
東京都昭島市、国連アジア極東犯罪防止研修所で開催された
平成30年度 第 1 回 保護司国際研修 報告に京都府代表として参加させていただいてきました。
詳しくはこちらから

堀内寛昭先生(左京区保護司会総務部長)
下鴨防犯推進委員協議会北白川支部長として
くらしの北白川・安心安全なまちづくりに寄稿されました。
詳しくはこちらから

「薬物再犯防止啓発ビデオ」の英語翻訳
平成30年9月3・4日東京で開催される国連アジア極東犯罪防止研修所の
第170回国際研修で犯罪予防部会長上野  修が左京区保護司会が制作した
「薬物再犯防止啓発ビデオ」を放映し英語で発表するということになり、
メッセージコピーを英語翻訳していただきました。
YouTubeで公開しましたのでお知らせいたします。

The day suddenly arrives
when, just in order to escape from reality,
you easily get access to the drug.

Once you use it, you are labelled as “offender”.
Yet once you use it,
you can’t stop it even if you know it’s an offense.
And
you betray your family and friends,
tell lies to them,
lose their trust, and end up being isolated.

Harsh punishment only can’t stop your craving for the drug.
Because its pleasure deep inside of you will not let you go
and you can think about nothing but drug.

“I’ll never do that again”
Having broken so many promises with your family and friends,
you may be disappointed with yourself, but we have something to tell you.

It is not because of your weakness that you can’t resist the drug.
It is because of
a disease called “drug addiction”

Drug addiction is a disease.
And
Every disease needs medical treatment.

We Sakyo VPO Association, as volunteers, stand by those who unfortunately committed an offense, and support their rehabilitation.
Drug Addiction is a Disease.

Translation : “Ayako Sakonji (Kyoto Probation Office)”

左京保健協議会連合会 講演会  7月26日
左京区保険協議会連合会様からのご依頼で
演題:薬物依存症は病気です ~薬物再犯防止啓発ビデオ~
と題した講演をさせていただきました。
詳しくはこちらから

第68回「社会を明るくする運動」講演会
〜アルコール・薬物〜「依存症」の理解と対応について
7月19日午後1時より左京区役所で行います。
基調講演:いわくら病院、診療部長 佐藤晋一氏
:いわくら病院 アルコール病棟副主任 佐々木浩二氏
講演終了後、パネルディスカッション
パネリスト:京都ダルク施設長 出原和宏氏
:京都新聞読者センター長 北村哲夫氏
入場無料となっておりますので、ご興味もたれましたらぜひご参加ください。


「薬物再犯防止啓発ビデオ」が京都府ホームページで紹介 6月6日
左京区保護司会が制作した「薬物再犯防止啓発ビデオ」が、
京都府ホームページ(きょうと薬物乱用防止情報センター)で紹介されました。
掲載ページは、以下のとおりです。
きょうと薬物乱用防止情報センター トップページ http://www.pref.kyoto.jp/yakurancenter/index.html
薬物がやめられなくてお困りの方 http://www.pref.kyoto.jp/yakurancenter/1307672168254.html
家族・知人の薬物乱用でお困りの方 http://www.pref.kyoto.jp/yakurancenter/1307672205715.html


「薬物再犯防止啓発ビデオ」初放映 5月29日
於:ウエスティン都ホテル京都

京都府保護司連合会主催、平成30年度ブロック別研修会『京都市内役員、理事研修会』会場で、左京区保護司会が制作した「薬物再犯防止啓発ビデオ」を初放映。
前に出たビデオ制作メンバーの様子を、左京区保護司会中林先生が動画撮影してくださいました。
写真:村上ますみ保護司


ビデオ制作会議開催 (4月7日 )
本年度1月からスタートした薬物依存者、薬物乱用についての勉強会のまとめを
風間会長宅で、今季購入した左京区保護司会のプロジェクター、とスクリーンを使い参加者で共有。今回制作をする、Motion Graphicsのイメージを紹介し、続いて、薬物依存者の再犯を防止することを目的とした啓発ビデオの呼びかけについて、2時間に渡って熱心に話し合いました。


薬物事犯についてレクチャーを受講 (3月15日 )
薬物の再犯を少なくすることをテーマとして掲げるビデオを制作するにあたり
京都ダルク 出原和宏施設長 より「薬物依存からの脱却について」のお話しを伺った。
・薬物依存者の乱用は刑事罰を科しても乱用は止まらない。
・薬物乱用者は同時に、薬物依存症という病気にかかっている状態。治療が必要!
ご自身の体験を交え、わかりやすくお話しいただいた。


薬物事犯についてレクチャーを受講 (2月13日 )
薬物の再犯を少なくすることをテーマとして掲げるビデオを制作するにあたり、
左京区保護司会・左京区薬物乱用防止指導員協議会は
川端警察署生活安全課長藤井康伯警部 に下記テーマに対してのお話を伺い
その後、質疑応答を行なった。
・薬物依存者の生活環境、家族関係
・薬物依存者が薬物から脱却するにあたりどのような問題があるのか?
・このテーマについてビデオ制作するにあたり考えられる注意点・アドバイス


薬物依存症についてレクチャーを受講 ( 1月26日 )
薬物の再犯を少なくすることをテーマとして掲げるビデオを制作するにあたり、
左京区保護司会・左京区薬物乱用防止指導員協議会は
薬物依存症とはどのようなことなのか  ? について、
依存症患者に携われている、
いわくら病院 薬物依存症認定看護師 杉山昌儀先生から
下記についてレクチャーをしていただいた。
1) 薬物依存症になる要因
2) 薬物依存症は、どういった状態なのか?
3) 薬物依存症患者を治療することとはどういうことなのか?
4) 社会生活に復帰するときの問題点


左京区保護司会オリジナルポロシャツを制作
左京区防犯啓発活動補助制度を受け
左京区保護司会オリジナルポロシャツを制作しました。
紫色のベースに左胸ワンポイント
左京区保護司会をプリントしています。
モデル:佐伯先生・川見先生
2017PTAフェスティバル会場にて


平成29年度 施設参観と社会見学会
平成29年10月5日(木)に左京区保護司会13名で、愛知県みよし市にある「名古屋刑務所」に施設参観研修を行いました。
詳しくはこちらかから


 左京区役所保健福祉センターからのお知らせ
「セカンドライフをいきいきと生きる 左京・からだの学校男子倶楽部」
受講生募集中。京都大学が開発した「からだの連絡帳」を使って第二の人生を充実させよう。まずは「体力測定」で自己評価、それから「ウォ〜キング」、「ストレスチェック」、「歯の健康チェック」、「調理自習」など・・・
詳しくはこちらから


第67回「社会を明るくする運動」講演会のお知らせ
7月21日(金)会場:左京区役所 午後1時30分開演
基調講演:吉村雅世氏 パネリスト:川邊祐司氏・信ヶ原雅文氏 司会:上野修氏
演題:「子どもたちの心と非行〜「弱さ」を抱える子どもたちのサポーターに」〜
詳しくはこちらから


岩倉地区ミニ集会
1.日 時 平成29年7月22日(土) 午前10時~11時40分 2.場所 岩倉地域交流センター 会議室
内 容 ○講演(お話とワークショップ) 講師 臨床心理士 藤本 範子 氏 ( 子ども心理臨床研究所) テーマ「子どもの見方・接し方」について
詳しくはこちらから


北白川地区ミニ集会
“第67回社会を明るくする運動” -北白川懇談会のご案内- 日 時:平成29年7月12日(水) 開会:午前10時30分~11時45分 会 場:北白川小学校2階 ふれあいサロン 講 師:辻 真一 氏(不登校支援相談員「クレープネット」認定講師・保護司)
詳しくはこちらから


葵・下鴨地区啓発キャンペーン
7月12日(水) 1. 第3回下鴨小学校6年生 10:40~11:0  2.第10回下鴨中学校南北校門にて200名対象 12:50~13:50  3. 第3回 街頭 洛北高校交差点にて 100名対象 14:20~15:10   4.  第4回葵小学校6年生 15:30~15:40 各地点にて、クリアファイル、シャープペンシル、ウエットティッシュ、チラシ (あきまへん、府警や法務省からの、社明講演会)を配布しながら、 声掛け、説明を行う。社明君の着ぐるみの参加ある予定。


浄楽・錦林東山学区ミニ集会 7月11日(火) 午後14時20分 ~ 15時10分
会 場:岡崎中学校体育館  講 演 : 京都府薬物乱用防止指導員・保護司 川 見 善 孝
詳しくはこちらから


岡崎・吉田・聖護院学区ミニ集会平成29年7月8日(土) 13時00分~14時30分
開催場所 京都市立錦林小学校ふれあいサロン 講師:荒川政志氏(川端警察署生活安全係長)
詳しくはこちらから


左京区北部地区ミニ集会平成29年7月7日(金) 午後7時30分~午後9時 場所 市原野会館
講師 特定非営利活動法人 京都DARC(ダルク)施設長 太田 実男 先生 スタッフ 笠嶋 敏 先生
詳しくはこちらから


新洞・川東地区ミニ集会のお知らせ 平成29年7月6日
平成29年8月1日(火) 午後7時00分~午後8時30分 場所 元新洞小学校
講師 徳岡博巳先生「虐待ってなんや?」〜子育ての現状から考える〜
詳しくはこちらから


左京区保護司会オリジナルティッシュ制作
平成29年7月初旬、社会を明るくする運動で配布する「左京区保護司会オリジナルティッシュ」を制作しました。地域の子どもたちへのいたわりの気持ちをメッセージとしています。又、左京区保護司会のホームページアドレス、QRコードを配置。
制作に際し、犯罪予防部会理事、川見善孝先生がデザイン、印刷の手配をしてくださいました。@5円です。ご使用の際は地区名、個数、日付を明記して報告していただきますようお願いいたします。